姉小路界隈を考える会

姉小路界隈町式目

平成12年4月に江戸時代の町衆の自治規制に倣い、「住みよい、安心して暮らせる環境づくり」の具体化にむけ、6項目からなる「現代版姉小路界隈式目」を策定しました。

  1. 姉小路界隈が大切に育んできた「居住」と「なりわい」と「文化性」のバランス、そのバランスの維持を意識しながら発展するよう、地域の人が協力してまちを支えましょう。
  2. 姉小路界隈は住み続け、なりわいを表出するまちとして、その界隈性を守り育む「人」や「なりわい」を受け入れ、支えましょう。
  3. 姉小路界隈は、なりわいの活気と住むことの静けさが共存する,落ち着いた風情のまちです。この環境や風情を大切に、その維持に努めましょう。
  4. 生活やなりわいの身丈に合った、姉小路界隈の低中層の町並みを維持しましょう。
  5. 姉小路界隈は、まちへの気遣いと配慮を共有したまちです。周囲(まち)との調和を了解しながら、それぞれの個性を表現していきましょう。
  6. 姉小路界隈の通りは、地域の人に「もてなしの心」を表現する場として認識され親しまれてきました。その思いを継承し、より心楽しい美しい通りになるよう努めましょう。